誰でも通る住宅ローンはありますか?おすすめの銀行は?

この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金が0円でもOK!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

これから数年以内に住宅ローンを考えている方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

人生の中でも最大の買い物とも言える大きな商品です。

なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。

合計で、実質負担はいくらかを調べることをおすすめします。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、最終的に実質負担額が増えてしまったという事もあります。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

じぶん銀行の住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

借り換えにはそういったケースも含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。

これから、新築または中古の家を購入される方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、その内の一割を税金として支払うものです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

楽天銀行などのフラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。

一般的なじぶん銀行の住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

住宅の価値を重視して審査を行います。

これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

自宅購入を考えた時住宅ローンが資金繰りに役立ちます。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済に関しては人によって違ってきますが最長で35年の期間が借り入れ可能です。

ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは難しいケースが多くあるようです。

都合により住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、その後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。

けれども、延滞してしまうと信用を失いローンが組めなくなるので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

家の購入で初めに思う事は現金調達の事でしょう。

普通は、住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。

申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。

支払期間は非常に長いので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金が0円になる。

という保険です。

これから住宅ローンを組む方も、既に申し込んでいる方も知っている人と知らない人では10年後に大きく差がつく試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。

申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。

新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

これから、マイホームを購入する予定のある方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、準備すべき住宅ローンの金額が分るので計画を立てやすいです。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

自分で家を建てたいと思い始めたとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込みの後は、初めに審査がありまずそれに通過しないと先には進めません。

特に重要視されがちな判断材料はお給料の事や勤続年数、仕事内容などがあります。

また、カードローンの使用歴なども厳しい目でチェックする可能性も高いので今後本当に家の購入を検討しているのであれば無理な使い方はしないようにしてください。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

以上の事から、支払をするにする。

といった事は難しいですよね。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?簡単な方法としては銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

引用:誰でも通る住宅ローンがある?基準甘い借りれる銀行は?【審査のコツ】