カジノでの賄賂は海外ドラマだけにしてほしい?

海外ドラマでカジノを扱う内容の場合、少なからず「従業員と客」「オーナーとギャング」「カジノ側と警察」という間で、賄賂を渡したことから起こる事件が描かれます。
それを見るたびに、「賄賂渡して問題を解決しようとするより、その頭をもっと別の方向に使ったほうが、よい解決方法が見つかると思うんだけど。
」という私に、「みんながそう考えたら、ドラマにならない。
」と家人が答えてくれました。
たしかにそうですが、金額の多寡に関わりなく、「まともでないモノ」を受け取ったこと、渡したことによる、その後の「私だけが知っている。
」という消すことのできない事実が、時として身の危険・・・自分のみならず、周囲の人間までも巻き込んでしまうことを、もっとテレビドラマをみて学習しなさい、と声を大にして言いたくなる私でした。
とはいうものの、目の前に現金をドン!と積まれたり、絶世の美女に迫られたりしたら、理性は本能により木っ端みじんにされてしまうのかもしれませんね。
リップスティックジャングル無料視聴で3人の恋のストーリを楽しむには